ページビューを稼ぎやすいキーワードで記事を書く

一般的にページビューの稼ぎやすいキーワードとは競合が少なく、ボリューム(検索数)の多いキーワードです。ボリュームが少なすぎるワードは仮に上位を取ったとしても見る人が少ないためページビューを稼ぎにくいです。競合とは同じワードで検索順位上位を狙っている人たちで、観光や学校などそのまま商売に使えるワードは競合が多いです。そのようなワード(商用ワード)は大企業などがGoogleにお金を払ったりプロのライターを雇って検索上位を握っているため個人で上位を取ることは難しいです。

検索ボリュームや競合を調べる方法

検索ボリュームや競合を調べるツールはキーワードプランナーやサーチコンソールがあります。キーワードプランナーやサーチコンソールの説明〜

商用ワードで検索上位を狙う方法

商用ワードはプロがひしめいているため例えばタイ 観光というワードで記事を書いても検索上位にすることはほぼ不可能です。しかし個人でも商用ワードで上位を取れる方法があります。

商用ワードを狙う場合はロングテールワードを駆使する

ロングテールワードとはタイ 観光 お土産 や タイ 観光 お土産 プーケット といったより対象を絞った検索ワードをロングテールワードと言います。単体のワードと比べてニッチですがライバルが弱いため検索上位を取りやすいです。タイ 観光で記事を書いたら関連性が高いキーワードのタイ 観光 〇〇 といったロングテールワードで検索上位の記事を量産します。そしてロングテールワードで書いた記事に内部リンクを付けてタイ 観光で書いた記事にユーザーを誘導します。

タイ 観光のキーワードの場合、旅行代理店など大企業はSEOの専門家や広告費をGoogleに払うなどして商用ワードの記事を強くし、ユーザーをオーガニックから大量に流入させている。

個人の場合はいきなりオーガニック流入を狙っても太刀打ちできないため、ロングテールワードで関連するニッチなワードからユーザーをウェブサイトに引き込み、内部リンクで商用ワードのページへ流す。→内部リンクからでもアクセス数を稼げれば、時間がかかるがGoogleが良質なサイトと評価し、検索上位になりオーガニックでも稼げるようになる。

内部リンクはロングテールワード作戦以外にも有用

1つのコンテンツを1記事で書ききらずに分解して複数記事で書くようにすると、コンテンツ数に対して多くアクセス数を稼ぐことができます。例えばLABタイ語学校の名前の記事の場合、苗字と名前で記事を分割することでタイ人 名前という1つのコンテンツで2アクセス取れるようになります。

ロングテール作戦等内部リンクを活用する場合の注意点

内部リンクを使ってSEO対策をする際の最大の注意点はコンテンツの質が高い必要がある点です。コンテンツを読んでもらうためにユーザーに内部リンクをクリックしてもらう必要があります。ユーザーはコンテンツの前半を読んでこの記事が自分に有用であるか面白いと感じなければ内部リンクをクリックしてコンテンツの後半を読んでくれません。質の高いコンテンツが必要になります。

質の高いコンテンツとは