検索エンジン最適化(SEO)とは

SEOは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称で、Webサイトが検索結果の上位に来るようにする技術です。〜

検索結果の順位決定の方法

検索順位はGoogleがWebページをチェック→インデックス→インデックスされたWebサイトからGoogleの基準で順位決定というプロセスで行われます。

Step.1チェック

GoogleのロボットであるクローラーがWebサイトを巡回して評価するためにサイトの情報を収集することです。一回の巡回ではサイト情報の一部しか収集されないためコンテンツが正しく評価されません。クローラーが巡回しやすいサイト設計。詳しくは後記します。

Step.2インデックス

インデックスとは英語でもくじという意味です。

Step.3順位決定

インデックスされた記事の中からGoogleの評価基準で検索順位が決定されます。評価項目は非公開ですがドメインパワーの強いページやタイトルとコンテンツが一致しているページが評価されるなどユーザービリティの高いページが高評価されると言われています。

Webサイトを検索結果で上位にする方法

検索結果の順位がチェック→インデックス→順位決定というプロセスで決まるため、クローラーに頻繁に巡回してもらうこととインデックスされてからGoogleの基準で高評価されやすいサイト作成が検索結果で上位にするための方法です。

クローラーをサイトに呼び込む方法

クローラーが集めたWebサイトの情報を元にGoogleが順位決定を行うため、コンテンツを正しく評価してもらうためにも正確にインデックスされる必要があります。クローラーを呼び込むサイト設計をしましょう。

シンプルなサイト構成を心がける

クローラーはサイト情報を収集しながら文中のリンクを辿って別ページへ移動します。全てのページに2クリック以内でたどり着けることが理想です。Webサイトのページを整理してクローラーが巡回しやすいサイト作りを心がけましょう。

SEO対策は2つの

SEO対策は内部SEO、外部SEO、高品質なコンテンツ作成の3つに分類できます。内部SEOとはWebサイトの構造や文章を最適化して、GoogleにWebサイトの魅力を伝える方法です。内部SEOは自分のWebサイト内で全てが完結するためコントロールがしやすいです。一方外部SEOとは外部サイトからの被リンクを集めることでGoogleからの高評価を狙う方法です。一昔前まで無意味なWebページを量産して被リンクを集めるといったスパムが横行していたそうですが現在はGoogleに厳しく罰せられます。外部SEO対策は他サイト運営者から外部リンクを付けたいと思われるサイト作りなどができますが他者の関与が必要なため、1人では施策が難しいです。最後の高品質なコンテンツ作成はGoogleに対してではなく、ユーザーに対して施策するため狭義のSEO対策には入りませんがWebサイト作成で最も大切な部分だと言えます。読みやすい文章や見やすく画像を貼るなどGoogleのロボットにはわからないユーザーへの配慮が必要です。今回は内部SEOを中心に高品質なコンテンツ作成を絡めて解説いたします。

SEO対策において