タイ人が、ビールを飲むときに氷を入れるようになったワケ

タイ ビール 氷

 

常夏の国タイで、ビールを飲むことは最高ですよね♪
市街地はもちろんのこと、郊外でもビールが飲める飲食店はすぐに見つけられます。

 

しかし驚きなのは、その飲み方。

 

タイでは、ビールに氷を入れて飲むんです!

 

日本では考えられないことですよね。

 

この記事では、

タイ人がビールに氷を入れるようになった背景

ビールに氷を入れる2つの「メリット・デメリット」

を紹介します。

 

タイ人がビールに氷を入れるようになった背景

 

ビールの冷却装置が普及してしいなかったから

タイでは、瓶のビールを大量に保存できる冷蔵庫の普及が遅かったため、氷でビールを冷やすのが一般的でした。
その名残が、今も残っているようです。
 

気温が高いから

タイは年間を通して平均気温が高いため、屋外でビールを飲むと、すぐにぬるくなってしまいます。
また、エアコンが普及していなかったため、室内でビールを飲む際も同様です。

 

昔のビールの度数が高かった

昔のビールは現在のビールに比べて度数が高かったため、そのままでは飲みにくい!と感じていた人が、氷をいれて薄めて飲んでいました。その味に慣れている人は、ビールが薄まることをあまり気にしないようです。

 

ビールに氷を入れる2つの「メリット・デメリット」

 

これらの背景は昔のことで、現在の環境は大きく変わっています。しかし、現在でもビールに氷をいれる習慣があります。果たして、ビールに氷をいれることは正しいのでしょうか?

 

メリット

・冷えた状態を保つことができる
・度数を減らすことができ、飲みやすくなる

 

デメリット

・味が薄まってしまう
・単なる名残で、本来ビールに氷は入れない方が良い(説)

 

最後にータイ人が、ビールを飲むときに氷を入れるようになったワケ

いかがでしたか?

 

タイ人がビールに氷を入れるようになったのには、ちゃんとした理由があるんですね。

 

ただ、全ての人がそうしているわけではなく、ビールに氷を入れない人も多くいます。
まだビールに氷を入れたことがない方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

タイ飲食店の使い方!の記事はこちら

―タイ語でなんていうの?ビール編―

・〜をください     เอา〜     アオ〜
・〜はありますか?     ~มีไหม     〜ミーマイ
・のどがかわいた     หิวน้ำ     ヒウナーム

・氷は入れないでください     ไม่ใส่น้ำแข็งหน่อย     マイサイ ナムケン ノイ

 

・コップ、グラス     แก้ว     ケェーオ
・ビール     เบียร์     ビアー
・氷     น้ำแข็ง     ナムケェン(グ)
・飲用水     น้ำเป่ลา     ナムパオ
・ソーダ     โซดา     ソーダー

 

タイの有名ビール
・SINGHA スィン(グ)/ビアスィン(グ)
・Chang チャーン(グ)
・LEO リーオー

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。