タイ人が、ビールを飲むときに氷を入れるようになったワケ

タイ ビール 氷

 

常夏の国タイで、ビールを飲むことは最高ですよね♪
市街地はもちろんのこと、郊外でもビールが飲める飲食店はすぐに見つけられます。

 

しかし驚きなのは、その飲み方。

 

タイでは、ビールに氷を入れて飲むんです!

 

日本では考えられないことですよね。

この記事に関してはこの動画でもご紹介しています!!

 

この記事では、

タイ人がビールに氷を入れるようになった背景

ビールに氷を入れる2つの「メリット・デメリット」

を紹介します。

 

タイ人がビールに氷を入れるようになった背景

 

ビールの冷却装置が普及してしいなかったから

タイでは、瓶のビールを大量に保存できる冷蔵庫の普及が遅かったため、氷でビールを冷やすのが一般的でした。
その名残が、今も残っているようです。

気温が高いから

タイは年間を通して平均気温が高いため、屋外でビールを飲むと、すぐにぬるくなってしまいます。
また、エアコンが普及していなかったため、室内でビールを飲む際も同様です。

 

昔のビールの度数が高かった

昔のビールは現在のビールに比べて度数が高かったため、そのままでは飲みにくい!と感じていた人が、氷をいれて薄めて飲んでいました。その味に慣れている人は、ビールが薄まることをあまり気にしないようです。

 

ビールに氷を入れる2つの「メリット・デメリット」

 

これらの背景は昔のことで、現在の環境は大きく変わっています。しかし、現在でもビールに氷をいれる習慣があります。果たして、ビールに氷をいれることは正しいのでしょうか?

 

メリット

・冷えた状態を保つことができる
・度数を減らすことができ、飲みやすくなる

 

デメリット

・味が薄まってしまう
・単なる名残で、本来ビールに氷は入れない方が良い(説)

 

最後にータイ人が、ビールを飲むときに氷を入れるようになったワケ

いかがでしたか?

 

タイ人がビールに氷を入れるようになったのには、ちゃんとした理由があるんですね。

 

ただ、全ての人がそうしているわけではなく、ビールに氷を入れない人も多くいます。
まだビールに氷を入れたことがない方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

タイ飲食店の使い方!の記事はこちら

―タイ語でなんていうの?ビール編―

・〜をください     เอา〜     アオ〜

・〜はありますか?     ~มีไหม     〜ミーマイ

・のどがかわいた     หิวน้ำ     ヒウナーム

・氷は入れないでください     ไม่ใส่น้ำแข็งหน่อย     マイサイ ナムケン ノイ

・コップ、グラス     แก้ว     ケェーオ

・ビール     เบียร์     ビアー

・氷     น้ำแข็ง     ナムケェン(グ)

・飲用水    น้ำเปล่า     ナムパオ

・ソーダ     โซดา     ソーダー

 

タイの有名ビール
・SINGHA スィン(グ)/ビアスィン(グ)
・Chang チャーン(グ)
・LEO リーオー

LAB thaiko先生のブログ

LABthaiko先生のブログは2018年に産まれて日々多くの記事を作成しています。タイの様々なお役立ち情報を時にはタイ語を交えながらの記事にしたり、ニュースサイトとして、情報媒体としての役割を果たせるよう、もっと皆さんにタイについて知って頂けるようこれからも情報を発信していきます。