タイハーブ・香草一覧9種類@歴史あるタイホテルDusitのミニ菜園で発見

サワディーカップ!LABタイ語学校です。

タイで歴史と格式あるDusitホテル、敷地の一部にMini Herb Gardenがありましたので、そこで撮った写真を自分メモ(将来のタイハーブ図鑑)変わりと記事を書きます。

屋上の小さな庭園で育てていたので、自生もできるタイハーブ?薬草?なのかもしれません。9種類ありました。

 

ハーブとは

ハーブは、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多い。

https://www.google.com/search?sxsrf=ALeKk00o27evWt3hjInrg-4kAI7MDkJPZA%3A1588238258489&ei=speqXvWEF4OA9QOhhYjIBA&q=%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96&oq=%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96&gs_lcp=CgZwc3ktYWIQAzIECCMQJzIECCMQJzIECAAQQzIECAAQQzIECAAQQzIECAAQQzIECAAQBDIECAAQBDoGCAAQBxAeOgYIABAIEB46CAgAEAgQBBAeOgYIABAFEB5Qub0BWLm9AWD-vgFoAHAAeACAAWOIAZsCkgEBM5gBAKABAaoBB2d3cy13aXo&sclient=psy-ab&ved=0ahUKEwj1pdbJ6I_pAhUDQH0KHaECAkkQ4dUDCAw&uact=5

 

0. Dusitホテルで見た小さなHerb Garden

2019年5月頃にAnantara Baan RajprasongホテルがDusit Thaniグループに変わりました。ご縁があって、お部屋を見に行ってきたのですが、その際、プール側にあったミニガーデンで沢山のハーブ栽培を始めたところでした。なかなか様々なハーブを一度に見る事もなかったので、記事にしてみました。

 

 

1.Pea Eggplant・Small Eggplant・Eggplant

Pea Eggplant(Makua Puong มะเขือพวง)

エンドウナスは、茎が短いブドウのように群がったグリーンピースのように見えます。
エンドウ豆のナスは米国では広く入手できません。南カリフォルニアやフロリダなどの温暖な気候に住んでいる場合は、庭で育てることができます。
茂みはかなり大きく、人より背が高い。 また、南米でも栽培可能です。

食用の2つの主な方法は、チリソースでフレッシュにカレーで調理することです。 調理の際は熱で豆が爆発する可能性がある為、注意が必要です。

タイではグリーンカレーの具材として伝われており、広く親しまれています。

Small Eggplant(มะเขือเปราะ)

コナスビ。漢字では小茄子。
小さな黄色い花が咲きます。桔梗のような均整のとれた五弁花に見え、実は合弁花で、1枚の花弁が五裂しているのだそうです。

葉は鋸歯がなく、なめらかな広卵形。
花後にはガクに包まれた小さな緑色の果皮をつけます。

名前の由来は実がナスに似るため、というのが通説のようが、ナスというよりもアサガオに似ているようです。

Eggplant(มะเขือเปราะ)

タイのナス(タイ語:มะเขือ、RTGS:makhuea)は、東南アジアの料理に使用されているナスのいくつかの品種の名前であり、ナス種Solanum melongenaが最も多いです。。
スリランカでも栽培され、スリランカ料理にも使用されています。

これらのゴルフボールサイズのナスは、タイ料理やカンボジア料理で一般的に使用されています。
タイの栽培品種のいくつかはThai Purple, Thai Green, Thai Yellow, Thai White.です。

 

 

2.Hairy Basil・Basil

Hairy Basil(ต้นแมงลัก )

【品種の特徴(タイレモンバジルとも呼ばれます)】
これは一年草で、淡い緑の葉があり、味が良く、栽培や手入れが簡単です。 種子や茎から育てることができます。 (典型的なタイの調味料ハーブ)

【土壌と気候】
砂壌土で最もよく育ちます。 お手入れが簡単。太陽(日光)が好きです。 一年中栽培できます。

Sweet Basil(ต้นโหระพา)(โหระพา)

このハーブは通常のバジルの風味に似ていますが、よりスパイシーで香り高いです。

スイートバジルは、タイ語で「ホラファ」とも呼ばれ、タイ料理ガパオライスでよく使われるハーブです。
この料理は、甘いバジルの葉がなければ、トップ100のタイ料理の1つとは評価されません。

それは食事をとても風味豊かにし、鶏肉の柔らかさも残して、素晴らしい”口直し”として機能するものです。

 

Basil

日本名:カミメボウキ (กะเพรา)

カミメボウキ(神目箒、Ocimum tenuiflorum, Syn.O. sanctum)は、アジア、オーストラリアの熱帯を原産とし、栽培品種や帰化植物として世界各地に広がったシソ科の植物で、芳香がある。
ヒンディー語でトゥルシー (tulsi, तुलसी)、英語でホーリーバジル (holy basil) と呼ばれる。

茎は多毛で、多くの分岐をともなって直立し、高さは 30-60cm。緑の葉は対生で強い香りを放つ。
葉には葉柄があり、葉は卵形で長さ最大 5cm、周縁部はやや鋸歯状。花は紫がかった色で、主軸が長く伸びた総状花序に密な輪生の花が付く。
インドやネパールで栽培されているものには多型と呼ばれる2種類の代表的な形がある。
葉が緑色の「ラクシュミー・トゥルシー (lakshmi tulsi、लक्ष्मी तुलसी)」と葉が紫色の「クリシュナ・トゥルシー (krishn tulsi、कृष्ण तुलसी)」である。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%A1%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%AD

 

3.Cantonese Vegetable(ผักกวางตุ้ง)

Cantonese(ผักกวางตุ้ง)は小さな一年生草本植物です。
カリフラワーとマスタードのファミリーに属し、長い茎が交互に配置されていますトランクの付け根で覆われている太くて長い葉柄薄緑または種によって白葉は単一の交互の球状の楕円形の葉に配置されます。
葉は滑らかで、葉は緑で、花は花束です。花束枝が多い頂上には小さな花があります。花は小さいです。花びらは明るい黄色です。
ヨーロッパで生まれました。よく育つ世界中の多くの国でタイでは多くの種類の植栽があります。
以来、古くからある野菜です多くの薬効があり、さまざまなメニューの調理に使用でき、新鮮に食べることができますサクサクの甘い味がするしかし悪臭がするでしょう

 

 

4.Culantro ผักชีฝรั่ง ( ผักชีใบเลื่อย)

Culantro(英語:Culantro)は、メキシコと南アメリカ原産のパセリ科(キク科)の熱帯性草本植物です。

メキシコ、カリブ海、中南米に原産ですが、世界中で栽培されており、温帯気候で毎年栽培されることもあります。

パセリには、次のような他のネイティブ名があります。
ผักชีดอย (เหนือ,เชียงใหม่) มะและเด๊าะ (กะเหรี่ยง,แม่ฮ่องสอน) หอมป้อมกุลา (เหนือ) ผักหอมเป (อีสาน)
Phak Chi Doi (Nuea, Chiang Mai), Ma and Doe (Karen, Mae Hong Son), Hom Kula (North), Phak Hom (Northeast)

 

5.Chinese Kale(ต้นคะน้า)

カイラン(芥藍、英: Chinese Kale、学名:Brassca oleracea var.alboglabra)は、アブラナ科の緑黄色野菜。キャベツやブロッコリー(ヤセイカンラン)の仲間。
カイランサイ(芥藍菜)ともいう。別名チャイニーズブロッコリー(英: Chinese broccoli)、チャイニーズケール(英: Chinese Kale)。
中国広東地方の原産。日本でも中華料理(主に広東料理)用の食材として扱われる。
流通量はあまり多くないが、福岡県などで栽培・出荷されている。塩茹でにするとアスパラガスに似た味・食感となる。ブロッコリーとのかけ合わせは茎ブロッコリー(スティックセニョール)と呼ばれる。
暑さに強く、栽培が容易。キャベツのように結球しない。
中国(両広=広東・広西)や東南アジア(インドシナ半島やマレー半島)などで若い花芽を食用にする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3

 

6.Luffa(บวบ)

キュウリ科(ウリ科)の熱帯および亜熱帯のつるの一種です。

食用にするには開発の若い段階で収穫する必要があります。 この野菜はインド、中国、ベトナムで人気があります。

実が完全に成熟すると、非常に繊維質になります。 日本では成熟させて、ヘチマスポンジとして使います。

トカドヘチマบวบเหลี่ยม(ブウアプ・リアム)・・・インド原産。東南アジア~中国南部に広く栽培されています。トカドヘチマの方が年中入手しやすく、幅広い料理に利用されています。十角、10本の稜線が入っているヘチマで、スーパーでもよく見かけます。タイでは、ナムプリック(タイ味噌)につけて生で食べることもあります。炒め物にしたり、ゲーンリアンというスープに入れたり、煮物にしたりします。

บวบกลม(ブウアプ・コム)、บวบหอม(ブウアプ・ホーム)・・・・インド原産。 世界の熱帯・亜熱帯に広く植栽されている。タイではヘチマスポンジとしては使わないようです。

どちらも花期は8~12月で、食用としてタイの市場でよく売られています。

[栄養性・機能性]
水分が多く、ビタミンC(キュウリの10倍)が豊富、カロテンやビタミンB1も含んでおり、栄養価が高い野菜です。
低カロリーですから、ダイエットにもピッタリです。
抗酸化作用があり、利尿効果も高く、糖尿病や腎臓病にもよいとされてきました。
また、酵素の働きで、飲み過ぎや二日酔いにきくそうです。
タイでは、母乳の出がよくなると信じられていたそうです。

参照:http://koppunmaak.blog115.fc2.com/blog-entry-427.html

 

7.Kumquat(ส้มจี๊ด)

キンカンは、ミカン科キンカン属 の常緑低木の総称である。別名キンキツともいう。

中型の低木。密な茂み、楕円形の葉、明るい緑、光沢のあるに分岐小さな耳付き一輪の花しかし、多くの場合、一般的にオレンジのような丸い果実である白い果実とグループにまとめられます。

しかし小さい果皮を食べるオレンジの一種、果実は小さく、丸くて楕円形。黄色いシェル黄緑または黄金色の果物。厚い皮はわずかに酸っぱくて甘い味がするので、漬け物や塩味が人気です。

中国原産、日本、台湾、韓国に広まり、広東語はカム・クイズと呼ばれています。キンカンは食用にも観賞用にもなる植物です。オレンジの皮には、排出、消化、食欲、痰、漬物、塩、乾燥を助け、喉の痛みを和らげる、フルーツジュースに酸っぱいドレッシングをする、ジャムを作るなどの用途があります。

 

8.Pandon Leaf(ใบเตย)

一般的にパンダンとして知られているパンダナス属の熱帯植物です。東南アジアや南アジアの料理の風味付けに広く使用されている香りのよい葉があります。

葉の長さに沿って深い木立を持つ緑の狭い葉です。 香ばしい葉はメインコースの料理、デザート、飲み物に使用されます。

写真でわかるように、植物は水を愛しています。パンダンの葉は、多くのアジア市場で生鮮および冷凍で入手できます。

 

9.Kaffir Lime Leaf(ต้นมะกรูด)

コブミカンは、タイ、マレーシア原産の柑橘類の1種である。 別名にスワンギ 、プルット 。英語ではカフィア・ライム とも呼ばれるが、ライム は別種である。 香りがよいため東南アジア料理でよく使われ、裏庭の灌木として広く栽培されている。

 

10.最後に

きゅうりもハーブなんですね!Cucumber(きゅうりเเตงกวา)

キュウリとはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。野菜の一種として食用にされる。 かつては熟した実も食用とされたが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA

 

タイの様々な料理に使われているタイハーブ・香草・野菜についてまとめてみました。

知識があるともっとタイ料理が楽しめると思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイに来たら絶対食べたいタイ料理10選

パクチー嫌いでも大丈夫なタイ料理!

 

 

LAB thaiko先生のブログ

LABthaiko先生のブログは2018年に産まれて日々多くの記事を作成しています。タイの様々なお役立ち情報を時にはタイ語を交えながらの記事にしたり、ニュースサイトとして、情報媒体としての役割を果たせるよう、もっと皆さんにタイについて知って頂けるようこれからも情報を発信していきます。