バンコクの物件管理会社8社まとめ タイのコンドミニアムオーナー必見

サワディーカー!

LABタイ語学校です!

 

今回はコンドミニアムオーナー必見の、タイの不動産管理会社をご紹介します!

 

 

 

*こちらのページに記載の情報は2020年1月現在のものです。変更される可能性があります。

 

〈目次〉

1. タイでも活躍している世界展開している管理会社

JLL, Knight Frank, CBRE

2. タイ系の不動産管理会社

Vauban(バーバン), Sense Property, plus Property, Siam Home Source

3. 日系の不動産管理会社

Oriental Realty(オリエンタルリアルティ)

 

1. タイでも活躍している世界展開している管理会社

JLL(ジョーンズラングラサール)

 

ジョーンズラングラサールは約50カ国に展開している物件管理会社であり、米フォーチュン誌が売上規模に基づいて米国企業500社を選出する「フォーチュン500」にも選出されています。

同社は主に工場、ショッピングモールなどの事業用の不動産管理を行っています。

 

Knight Frank(ナイトフランク)

ナイトフランクは世界で約60カ国の国に拠点を置く、イギリス系の不動産会社です。

JLLとの大きな差異は、 Villa等の個人用住宅、コンドミニアムから商業用オフィスまで幅広い物件の管理を行っていることでが挙げられます。

 

 

 

CBRE

アメリカ発の世界最大手の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社です。

S&P 500とフォーチュン500の両方に含まれており、世界の約110カ国に展開しているという世界最大規模の不動産会社です。

2018年の事業用不動産の売買では、日本、アジア太平洋、世界で取引高1位となっています。

 

 

 

2. タイ系の不動産管理会社

Vauban(ボーバン)

ボーバンは、タイに拠点を置く6つの都市にオフィスを持つ不動産管理会社です。

2006年に設立され、バンコクに本社を置いています。バンコクだけでなく、サムイ、プーケット、パタヤ、ホアヒン、チェンマイにオフィスがあります。

ボーバンは、特に集合住宅に対してのみ不動産管理サービスを提供しています。

 

Sense Property(センスプロパティ)

センスプロパティは2013年に設立されたかなり新しい不動産管理会社です。

会社の特徴としては外国人居住者向けの質の高い不動産を取り扱うことに特化しています。

不動産の管理に関しては、所持物件の少ない個人オーナーの所有する不動産を主な対象にしており、カスタマイズがしやすい点が特徴的です。

 

Plus property(プラスプロパティ)

タイの不動産デベロッパーであるSansiri社の子会社です、タイのコンドミニアム建設において、同社は東急電鉄と合弁会社を設立しています。

共同住宅と商業用ビルの両方の管理を行っており、タイ国内では100万平方メートル以上のスペースのあるオフィスビル、ショッピングモール、教育機関などの国有および民間の建物を管理しているそうです。

 

Siam Home Source(サイアムホームソース)

 

サイアムホームソースは、バンコクに拠点を置き、不動産の管理事業を行っています。

共同住宅の管理の他、小規模な商業用不動産の管理も行っています。

 

3. 日系の不動産管理会社

オリエンタルリアルティ

オリエンタルリアルティ タイは日系の不動産管理会社です、

なんといっても、日本語対応が受けられることが大きな強みになります。

また、東京に本社を置くオリエンタルリアルティと台湾系の総合不動産会社であるブルーオーシャンの合弁会社であり、中華系オーナーが顧客に多いという特徴があります。

 

バンコクの日系不動産管理会社、オリエンタルリアルティをご紹介!

 

最後に

タイの不動産運用では、オーナーが非居住者である場合に、管理会社を利用していないとトラブル対応が難航しやすいです。

まず一度管理会社にお問い合わせを行ってみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

*こちらのページに記載の情報は2020年1月現在のものです。変更される可能性があります。

 

< タイの不動産 >の関連記事

Staybridge Suites Bangkok Thonglor 野村不動産初のサービス・アパートメントをリポート!

Staybridge Suites Bangkok Thonglor 野村不動産初のサービス・アパートメントをリポート!

バンコクの日系不動産管理会社、オリエンタルリアルティをご紹介!

バンコクの日系不動産管理会社、オリエンタルリアルティをご紹介!

 

タイ・バンコクで進出・活躍している日系不動産デベロッパーまとめ

タイ・バンコクで進出・活躍している日系不動産デベロッパーまとめ

 

< タイの不動産関係で使えるタイ語 >の関連記事

 

ページ最上部まで戻る。

 

「タイについてもっと知りたい」、「タイでキャリアアップがしたい」そんな思いはありませんか?

LABタイ語学校では、日本語堪能な先生が皆様のタイ語学習をサポートしております。

タイ語を覚えてもっとタイを楽しみましょう!初回体験レッスンは無料で実施しております。お気軽にご連絡ください。

【LINE@からお問い合わせ】

เพิ่มเพื่อน

*LINE@は仕様上、何かメッセージを頂かないとこちらからフリーテキストを送信できないようになっております。

 

 

LAB thaiko先生のブログ

LABthaiko先生のブログは2018年に産まれて日々多くの記事を作成しています。タイの様々なお役立ち情報を時にはタイ語を交えながらの記事にしたり、ニュースサイトとして、情報媒体としての役割を果たせるよう、もっと皆さんにタイについて知って頂けるようこれからも情報を発信していきます。