サワッディーだけじゃない!タイのこんにちは

サワッディー!

 

タイにいらっしゃる皆さんなら、馴染みの深い言葉の「サワッディー」

こんにちは、さようなら、おはよう全ての意味がある便利な言葉です。

 

そんな「サワッディー」という挨拶には意外な秘密があるんです!

 

今回はタイ語の挨拶について紹介させていただきます。

タイのこんにちは「サワッディー」について

<目次>
サワッディーの歴史
ああああ実は新しい言葉だった!「サワッディー」
ああああサワッディー誕生前の挨拶は?
タイで現在使われる挨拶はサワッディーだけじゃない?
ああああ今でも使われるパイナイマー
最後に

 

サワッディーの歴史

実は新しい言葉だった!「サワッディー」

サワッディーが初めて使われたのは1931年(昭和6年)です。タイでラジオ放送が開始された際に、当時チュラローンコン大学文学部の教員であったプラ・ウッパキットシラパサーン氏によりラジオの放送終了時の挨拶として考案されました。サンスクリット語のsvastikaa(吉祥)が語源です。放送後チュラローンコン大学の学生がサワッディーを挨拶として使い始め、1950年代にはタイ国内で定着したそうです。

 

※吉祥とは仏教用語で幸福、めでたいという意味です。

 

サワッディー誕生前の挨拶は?

「サワッディー」が誕生する以前は「パイナイマー?」(どこへ行ってきた?)や、「キンカーオルーヤン?」(ご飯もう食べた?)「サバーイディーマイ?」(お元気ですか?)などが使われていました。

 

タイで現在使われる挨拶はサワッディーだけじゃない?

今でも使われるパイナイマー

現在サワッディーはタイの挨拶として広く使われています。しかし古代インド語由来なため、ローカルなタイ人にとって少し難しい感じがするそうです。タイ人の友人に、どんな挨拶をするのか聞いたところ、前述した「パイナイマー?」(どこへ行ってきた?)をよく使うと聞きました。「サワッディー」はお互いに言い合って終わりですが、「パイナイマー」は「(どこに)行ってきた」など会話に繋げやすいため、よく使うそうです。

 

最後に

タイにいるとタイ人に挨拶する機会があると思います。その時にぜひ「パイナイマー」を使ってみてください。サワッディーより会話が弾むかもしれません!

タイ人と会話するためにタイ語を勉強したいと思った方はこちら→タイ語おすすめ参考書[タイ語検定4級合格編]

-この記事に関係するタイ語集-
喉が痛いです  เจ็บคอ (jeb kor) ジェップ コー
咳が出ます   มีไอ (mii ai) ミー アイ
昨日からです  จากเมื่อวานนี้ (caak muawaan nii) ジャーク ムアワーン ニー
風邪をひいています  เป็นหวัด (pen wat) ペンワット
痰が出ます   มีเสมหะ (mii seem ha) ミーセームハー

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。