タイのガソリンの種類と給油方法

日本でガソリンと言えば、普通車の「レギュラー」、外国車の「ハイオク」、ディーゼル車の「軽油」がおなじみですよね。私がタイで初めて給油をした時に日本と同じ感覚で「レギュラー」とオーダーしたところ全く通じなかったんです。そして書かれているガソリンの種類は91、95、E85など初めて見る表記ばかりで戸惑ってしまいました。今回はタイのガソリンスタンドの使い方について解説いたします。

タイのガソリンスタンドで取り扱っているガソリンの種類

ガソリンの種類 タイ文字 説明
ベンジン95 เบนซิบ95 日本のハイオク的ポジション
ベンジン91 เบนซิบ91 日本のレギュラーだが2013年にタイで生産停止
ガソホール95 แก๊สโซฮอล95 ベンジン95 90% エタノール10%の混合
ガソホール91 แก๊สโซฮอล91 ベンジン91 90% エタノール10%の混合
E20 ベンジン91にエタノール20%を混合
E85 ベンジン91にエタノール85%を混合
ディーゼル ดีเซล 軽油
LPG 液化石油ガス
NGV 天然ガス

ベンジンやガソホールに書かれている91や95はオクタン価です。日本ではハイオクはオクタン価が96以上、レギュラーは85以上とされているため、ベンジン95は日本ではレギュラーです。
ガソホールはgasolineとalcoholを組み合わせた合成語です。ベンジンをエタノールで薄めたガソリンでタイでは主流のガソリンです。タイで生産されているエタノールはサトウキビやキャッサバ(タピオカの原料)から作られており、バイオエタノールです。

それぞれのガソリンの互換性について

車やバイクには油種の指定があり、下記が推奨されています。

  • 95指定の車両 →   95のみ
  • 91指定の車両 →   95と91
  • E20指定の車両 →   95と91とE20
  • E85指定の車両 →   E85のみ

値段は95が一番高く、エタノールの比率が高いほど安いです。私のバイクは91指定ですがE20でも走りました。しかし91と比べて加速と燃費が悪くなったと感じました。加減速する街乗りは指定油種を入れたほうが良いですが、郊外を一定の速度で走るならE20を入れるのも有りかもしれません。タイ人の友人は95指定のベンツを持っていますがE20を入れています(笑)私はやめた方がいいと思いますが一応95指定の車にE20を入れても走るようです。

 

タイのガソリンスタンドで給油する方法

仮にガソホール91を満タンで注文するとします。
ガソリンスタンドに着いたら店員さんにこのように言ってください。
「แก๊สโซฮอล91เต็ม」(geesoohoolkaaosipnwng tem)(ゲーソホーカーオシップヌンテム)
満タンはタイ語で「เต็ม(テム)」と言います。満タンを入れたい場合は油種と「テム」を言えばオッケーです。

次はベンジン95を500バーツ注文するとします。
เบนซิบ95 500บาท」(bensin haaroi baat)(ベーンシン ハーロイバーツ)
油種の後に金額を言いましょう。

 

まとめ

  • タイのガソリンにはエタノールが混ざっている
  • 91はレギュラー、95はハイオク
  • 純粋なガソリンはベンジン、10%エタノールが混ざったガソリンはガソホール
-ガソリンスタンドで使えるタイ語集-
ガソリン น้ำมัน (naam man) ナームマン
ガソリンスタンド ปั๊มน้ำมัน(pam naam man)パムナームマン
軽油 ดีเซล (deesen) ディーセン
サトウキビ อ้อย(aay) オーイ
キャッサバ มันสำปะหลัง(mansampalang) マンサムプラン
満タン เต็ม(tem) テム

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。