タイの11,12,1月の気温、おすすめイベント【2019・2020年】

みなさん、こんにちは!!

11月から1月は日本ではかなり寒くなってきますよね。

そんな時期におすすめの旅行先は圧倒的に、タイ!!

 

1年の中でも雨がほとんど降らず、過ごしやすい気候になる時期です。

魅力的なイベントも豊富にあります。

今回はそんなタイの11月~1月の気候と、最適な服装、旅行情報をご紹介します!

 

<合わせて読みたい関連記事>

バンコクの1年間の気候

コムローイ祭りの有料・無料別参加方法

タイの年越しカウントダウンスポット

 

*こちらのページに記載の情報は2019年11月現在のものです。変更される可能性があります。

 

 

 

1. タイの11~1月がオススメな理由

 

ズバリ、

  • コムローイ祭り、カウントダウンを始めとしたイベントが豊富。
  • 乾季であり、涼しくて過ごしやすい

の2点がとても大きいですね!!

 

雨が多く、気温の高い雨季に比べて過ごしやすく、レジャーや観光にも大変適しているシーズンと言えるでしょう。

日本は冬になり、とても寒くなっていますので日本ではできないレジャー活動が楽しめることも大きなポイントの一つでしょうね!!

 

2. タイ 都市別11月の気温・降水量

 

11月 バンコク プーケット チェンマイ 東京
最高気温 34.1 32.0 32.3 17
平均気温 29.1 27.8 25.9 14
最低気温 25.8 23.9 21.2 9
降水量 47 131 9 96

 

~特徴~

①チェンマイはほとんど雨が降らなくなり、涼しい日が多くなる。

②乾季に入りつつあるものの、バンコク、プーケットはまだ雨が降る日もある。

 

特にチェンマイで行われる、コムローイ祭りの日が雨になることはなかなかありません。

チケットを購入される場合は安心してご購入してください!

 

コムローイ祭りの詳細はこちら

 

3. タイ 都市別12月の気温・降水量

12月 バンコク プーケット チェンマイ 東京
最高気温 33.9 32.0 30.2 12
平均気温 28.8 27.6 24.4 8.3
最低気温 25.4 23.5 20.1 4
降水量 7.4 101 9 51.5

 

~特徴~

①バンコクもほとんど雨が振らなくなる。

②チェンマイは特に温度差が大きくなる。

 

12月は特にバンコクとチェンマイは過ごしやすい気候になります。

年越しカウントダウンなどの屋外のイベント、ローカルな市場などは観光しやすい月です。

市場や屋台などの飲食店情報はこちら!

 

4. タイ 都市別1月の気温・降水量

 

1月 バンコク プーケット チェンマイ 東京
最高気温 33.3 32.3 30.6 10
平均気温 28.0 27.8 23.7 5.6
最低気温 24.6 23.4 18.4 2
降水量 1 181 4 47.3

 

<出典: 気象庁 11月、12月、1月の平年値 http://www.jma.go.jp/jma/index.html>

 

~特徴~

①プーケットは近年、1月に降水量が増加する傾向にある。

②バンコクとチェンマイは引き続き降水量が少なく、過ごしやすい。

 

プーケットはここ数年、1月にかなりの降水量が観測されています。

代わりに2月~4月の期間は雨があまり降らなくなるため、1月のプーケット旅行は避けた方が良いかもしれませんね。

 

 

5. タイの11月~1月の服装

 

【11~1月のタイでの服装】

 

トップス : 半袖のTシャツやポロシャツ、生地が厚くない長袖でも過ごしやすい。

 

ボトムス: ハーフパンツやショートパンツだけでなく、生地が厚くない長ズボンでも過ごしやすい

 

履物:  サンダルやビーチサンダル、スニーカー

 

・チェンマイなどのタイ北部ではパーカー等の薄手の上着を持っていくと朝晩の気温低下に安心です。

・プーケットではまだまだ雨が振りますので着替えなどを持って行くのもありです。

 

 

6. 【2019~2020年】タイの11月~1月のイベント

 

11月

  • ロイクラトン/コムローイ祭り(2019年11月10日~12日)
  • バンコクマラソン(2019年11月17日)

 

12月

  • ラーマ9世誕生日(2019年12月5日)
  • ワンダーフルーツ(野外音楽フェスティバル) (2019年12月12日~12月16日)
  • 年越しカウントダウン(2019年12月31日)

 

年越しカウントダウンに関してはこちら

 

1月

  • ボーサーン傘祭り&サンカンペーン工芸品フェスティバル(2020年1月17日~19日)
  • チャイナタウンフェスティバル

 

7. ロイクラトン/コムローイ祭り

ロイクラトン祭りは灯籠を流すタイ全土で行われているお祭り。

対して、コムローイ祭りは灯籠を流すだけでなくランタンも飛ばすチェンマイで行われるお祭り。

祭りは3日間かけて行われ、日が落ち始めてくる18:30頃から灯篭流しやランタンを飛ばし始めます。

 

ロイクラトンもコムローイも基本的には河の近くに集まって灯籠を流したり、ランタンを飛ばします。

また、コムローイ祭りは主に観光客が集まって一斉にランタンを飛ばすための専用会場があります。

チケットは例年9月頃から販売がありますがすぐに売り切れてしまいますので注意が必要です。

 

【更に詳細な情報はこちらから】

ロイクラトン祭り

ロイクラトン祭りをバンコクで満喫しよう!

コムローイ祭り

コムローイ祭りの無料、有料の参加方法【2019年・2020年最新版】

 

8. ワンダーフルーツ

パタヤ郊外のサイアムカントリークラブで開催されるワンダーフルーツ。

野外音楽フェスティバルと一般的に言われているものの、音楽以外にもかなり様々な出店があります。

 

音楽ライブ、芸術家の作成した展示品やヨガ等のワークショップ、人気シェフが作るタイ料理屋台などがあり、一日中楽しめます。

木曜日から日曜日まで開催しており、参加には前売り券が必要。

チケットは三種類選べ、日曜日のみ・土日のみ・全日参加でそれぞれ値段が変わります。

当日購入もできますが、時期が早いほどお得な値段で購入できます。

 

前売り券の購入はこちらから

 

9. ボーサーン傘祭り&サンカンペーン工芸品フェスティバル

 

   

ボーサーン傘祭りは毎年一月の第三金曜日から日曜日までチェンマイ県サンカムペーン郡で開催されるお祭り。

木から作られる唐傘の「サー」の展示や、扇屋や傘などの絵付け、山車や傘を用いたパレードが楽しめます。

傘の製造工程を見学できるアンブレラ・メイキング・センターでは、工芸品の購入も人気です。

カラフルな傘はとても写真映えしますので、インスタグラム投稿をされる方を中心に話題になり、徐々に人気になってきているのだとか。

 

まとめ

タイの11~1月は乾季で大変過ごしやすい気候です。

更にはイベントも多いため、短期旅行に来られる方も少なくないでしょう。

 

11月のコムローイ祭りがとても人気で目立ちますが、

12月のワンダーフルーツや1月のボーサーン傘祭りもとても魅力的なお祭りです。

 

他にもド派手なタイのカウントダウンは一見の価値アリなので旅行にうってつけの期間と言えます。

ぜひそれぞれのイベントに参加してみてください!!

 

*こちらのページに記載の情報は2019年11月現在のものです。変更される可能性があります。

 

<合わせて読みたい関連記事>

オンヌットのスクンビット ソイ77/1はマッサージ通り

Samyan Mitrtownサムヤンミッドタウンの全店舗写真公開!

【スパンニガークルーズ】お洒落で豪華なチャオプラヤー川でのディナークルーズ!

タイバンコク?在住日本人YouTuber10選

バンコクの1年間の気候

 

「タイについてもっと知りたい」、「タイでキャリアアップがしたい」そんな思いはありませんか?

LABタイ語学校では、日本語堪能な先生が皆様のタイ語学習をサポートしております。

タイ語を覚えてもっとタイを楽しみましょう!初回体験レッスンは無料で実施しております。お気軽にご連絡ください。

 

 

 

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。