タイ人の苗字は長い&複雑!~タイ名前事情~

タイ人の名前(本名)は長いし複雑だし、、なぜタイ人の苗字は長いのか?

サワディーカー (สวัสดีค่ะ こんにちは)!

 

日本人にはなかなか発音が難しいタイ語。巻き舌、発音しない音、日本にない音!大変ですよね。

そしてそれはタイの人名においても例外ではなく...

いつもお世話になっているドライバーさん、ネイリストさんの名前が発音しにくい!

そもそもなんでこんな複雑な名前?なんて、思ったことありませんか?

 

そこで今回は、タイの人名についてご紹介します。

 

あわせて読みたい

タイの雑学に関する記事はコチラからどうぞ♪

 

 

タイ人は本名を使わない

タイ人の「正式な」名前は、日本とは逆で、名前+家族名(姓)で表記します。

「正式な」とわざと強調した理由は、普段タイ人はそのほとんどが、出生時に親が本名「チューヂン

(ชื่อจริง)」と共につける「チューレン(ชื่อเล่น)」と呼ばれるあだ名を使用するからです。

 

ちなみに、「チューヂン(ชื่อจริง)」という言葉を分解してみると、チュー(ชื่อ)が「名前」、ヂン(จริง)が「本当の、実際の」という意味になり、2つ合わせて「本名」という意味になります。

加えて、「チューレン(ชื่อเล่น」のレン(เล่น)には「遊ぶ」という意味があり、名前遊び、つまりニックネームの意になるわけです。

 

タイの単語には、このように異なる意味を持つを組み合わせたものが数多くあります。

つまり、1つの単語でも意味によっていくつかに分解することができるんですね。

 

また仏教に影響により日本の言葉と同じ語源を持つタイ語も多く存在しています!

 語源が同じタイ語と日本語まとめ

☆記事最後の単語コーナーにて単語を意味で分解してみました。単語学習にお役立てください!

 

 

話を戻しましょう。

タイ人が2つの名前を使い分ける理由は:

① 本名がめちゃくちゃ長い
② 本名(特に苗字)が複雑且つ斬新すぎる

ところにあります。

タイ人の長い名前(苗字)は複雑&個性重視

タイ人の苗字が長い理由

古くは王族や貴族にしか苗字はありませんでしたが、1913年に名字法が制定されたことにより、身分に関係なく苗字を持つことが義務付けられました。
つまり、一般人が苗字を名乗るようになりはじめたのは、およそ100年前からになります。日本で同じような法律が出されたのが1875(明治8)年ですから、割と最近なんですね!

ただ、あまりに急なことに国民が混乱したため、政府側がサンスクリット語(古代インドの標準語)

の苗字のサンプルを配布し、それを元に国民自らが姓を考えたそう。

 

そして彼らは思いました。「人と同じは嫌かも...」

 

そのため、複雑なもの、尋常じゃなく長いものなど、個性あふれる苗字が生まれたのです。
(王族の長い苗字を真似た、という意見もあるそうです。)

つまり、日本だとありがちな「同姓同名」は、タイでは非常にレアなケース、もしくはほとんどない

と言えます。
(ありがちな苗字を持つ筆者、少々羨ましさが拭えず...)


タイ人の本名が複雑な理由

タイ人は他人と被ることを良しとせず、「オンリーワン」の名前を好んで付ける傾向があることはご紹介しましたね。さらに、長い名前=カッコいいという風潮があるため、ただでさえ長い苗字に、

複雑な名前をつけるのです。そのため、アルファベットに無理やり直すと英語圏ではあり得ないスペ

リングになり、何これどう読むの??状態になるわけです。

 

ただし、チューヂン(本名)を使うのはあくまで公的な場でのみ。

普段はチューレン(ニックネーム)を使います。チューレンには特にルールはなく、個人で自由に決

めてよいそう。

本名を使う機会が全然ないので、たとえ親友であってもお互いに本名を知らないこともざらなのだとか!

 

しかもなんとバンコクも正式名称ではなく略語なんです!!

正式名称やバンコクといわれるようになった経緯をコチラで紹介させていただきました。

タイの首都バンコクの正式名称が長いワケ[正式国名やタイ人の歴史もアリ]

 

他にもタイで使われている略語はコチラから

タイで使える略語

タイ人の長い名前の例:俳優ナデート・クギミヤ

タイ人の名前や本名が長い理由?有名な長い名前の俳優

立派な眉が特徴的

こちらタイに住んでいれば見ない日はない!と言っても過言ではないタイ人俳優のナデート・クギミ

ヤ(Nadech Kugimiya)さん。(日本人の養父に育てられたため、クギミヤというそうです。)

皆さんも一度はBTSの駅看板やコンビニの広告にて見たことがあるのでは?

彼のチューヂンは Chonlathit Yodprathum

チューレンは Barry (英語のbrandが由来)

というそうです。

彼の場合は特別で、Barryよりナデートと呼ばれることが多いそうですが...

「使わないけどニックネームもってる」っておもしろいですよね。

 

最後に

いかがでしたか?国が違うと名前の文化も異なるものです。

日本人の名前はタイ人にとっては発音しづらいものも多いですし、タイに知り合いがいる方はチューレンをつけてもらう、あるいは自身でつけてみるのも面白いかもしれませんよ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

どんな風にタイの人たちは名付けられているのか、その内容は??等々コチラ↓の記事にてご紹介させていただきました。

タイ人のニックネーム・よくある名前について~タイ名前事情②~

 

あわせて読みたい

タイの雑学に関する記事はコチラからどうぞ♪

 

 

―タイ語でなんて言うの?―

名前 ชื่อ ตัว  [chêu dtua](チュートゥア)〔チュー(名前)+トゥア(自身の)〕

苗字
 นาม สกุล  [naam sà-gun](ナームサグン)〔ナーム(名前)+サグン(家族)〕

家庭
 ครอบครัว [krôp krua](クロープクルア)〔クロープ()+クルア(キッチン)〕

両親
 พ่อแม่  [pôr mâe]  (ポーメー) 〔ポー(父)+メ―(母)〕

友達 
 เพื่อน  [pêuan]  (プァン)

親友 
เพื่อน สนิท [pêuan sà-nìt] (プァンサニッ)〔友達+隣人เพื่อน บ้าน  [pêuan bâan] (プァンバーン)〔プァン(友達)+バーン(家)〕

親戚
   ญาติ  [yaad] (ヤー)

同僚
   เพื่อน ร่วม งาน  [pêuan rûam ngaan] (プーアンルアムンガーン)

〔プァン(友達)+ルアム(シェアする)+ンガーン(仕事)〕


上司
   นาย จ้าง  [naai jâang] (ナーイザーン) [ ナーイ(ボス)+(ザーン(雇う)〕

ドライバー
  คนขับรถ  [kon kàp rót] (コンカッロッ) 〔コン(人)+カッロッ(運転する)〕

ネイリスト
  ช่าง แต่งเล็บ  [châang dtàeng lép] (シャンダンレップ)〔(技術者)+(ネイルをする)〕

 

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。