バンコクで至高の鮨を「鮨 清水」接待や記念日など大切な日にも

サワディーカー!LABタイ語学校です!

入籍祝いで以前よりインスタで気になっていたSushi Shimizuを訪問!プロンポンのK Villageに行ってきました。丁寧な握り、新鮮なネタ、独創的な料理に舌鼓!それもそのはず、寿司清水は鮨職人養成学校兼、江戸前本格鮨という2枚看板の事業をされているお店です。旨いはずです。ホーチミンにも同系列店があり2ヵ国展開されています。

鮨清水(バンコク店)予約フォームへ移動
*事前予約必須)予約は遅くとも数日前までに

 

0.鮨と寿司の違いとは?

実はすしの漢字には「寿司」「鮨」「鮓」の3種類があります。

:塩や糟(かす)につけた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味した漢字。発酵させて作るなれずしが当てはまる。”鮓”の漢字は鯖鮓や鮒鮓などで使われ、関西系のすしに使われる傾向にあり。

:中国では魚の塩辛を意味する字だった。「鮓」と混同され、すしを表すようになる。「鮨」は握り鮨。棒鮨、押し鮨などなれずし以外のすしに使われます。現代で最も一般的な「すし」は握り鮨(江戸前)であるため、江戸前系のすしによく使われる。

寿司:寿司は縁起担ぎで作られた当て字で、寿を司るの意味から、もしくは賀寿の祝いの言葉の「寿詞」に由来すると言われます。かっぱ巻き、稲荷寿司、手巻き寿司などに使われるネタに魚を使わないすしには「鮓」「鮨」は適していないが、寿司は当て字であるためネタの種類を問わず使えます。すしの種類を問わず使えることや、縁起担ぎの意味もあり、現在「寿司」が最も一般的な表記として使われている。

寿司は日本全国の寿司料理に使うことができる万能な字であるのに対し、「鮨」は魚編に旨いと書くことから「旨い魚を使ったすし」に使われることが多いようです。
冷蔵技術が無かった江戸時代、魚を美味しく食べるには職人の丁寧な仕事が欠かせませんでした。
こうしたことから江戸前のすしを「鮨」と表す傾向があったようです。「鮨」はこだわりが見え隠れする字ですね。

引用:https://sushitimes.co/2018/12/09/20181209_1/

 

1.プロンポンの鮨 清水は2ヵ国展開

バンコクのプロンポンK Villageの中にある鮨清水ですが、実は2020年6月30日にベトナムホーチミンでも同店舗がグランドオープンしています。

バンコクには多くのお任せ鮨を提供しているお店がありますが、鮨清水は2018年10月にオープンし、

「飲食人大学(寿司職人養成学校)x江戸前高級お任せ寿司」の掛け合わせで確かな実績を積んでいたようです。

 

タイの店舗では特にタイ人著名人の来店も多く、”タイ人富裕層に愛されるお店”というイメージがあるお鮨屋です。

着実に知名度を上げ、このコロナのタイミングで、ホーチミンでも鮨清水がオープン!!と、こんな状況下でも、元気な日本人経営の鮨屋さんが2ヵ国展開とは驚きです。

同店が確実に知名度や実績を上げているのは、同じ日本人・日本の鮨が世界で認められているような気がして嬉しい限りです。

 

ホーチミン店の情報

ホーチミン店も調べてみると、とても魅力的なお店である事がわかってきました。

ネットから拾ってきた情報をここでもシェアします!

< 鮨 清水 >ホーチミン店*魅力をキーワードのみで抜粋

✓ 日本料理40年超のベテラン料理長

✓ 3種のお任せコース(旬を表現した季節の前菜/技が光る刺身/極上の鮨)

✓ 料理を通じて四季を感じる

✓ 公邸料理人 三輪政司氏の監修を受ける

✓ 「オイスターバー清水」も併設

キーワードを拾ってきただけでも、確かなバッググラウンドと人材、食材が際立っているお店だという事を想像してしまいます。

鮨清水(バンコク店)予約フォームへ移動
*事前予約必須)予約は遅くとも数日前までに

 

2.江戸前鮨と清水の魅力とは?

今回の訪問の際に、シェフやオーナー様から情報を聞き、ネット情報も調べ、実際に食べた情報を基に3つの魅力にまとめてみました。

✓ ①接待・記念日・大切な日に相応しい江戸前高級鮨、信頼のお任せメニュー

完全予約制!最大10席のみ(希少性が高い!コロナでさらに最大6席に、、、)の特別な空間!独創的な料理と日本直送の新鮮なネタのみ使った信頼のお任せメニューが光ります。

✓ ②タイ人富裕層に愛されリピートされてきた確かな実績!

タイ人富裕層の間で評判となり、口コミをベースに、多くのリピーターに支えられているそうです。なんとあのタイで最も有名な著名人の1人、IchitanのTanさんまで来店された事があります。

✓ ③「鮨職人育成学校x本格江戸前鮨屋」の2枚看板で社会へ職人の送り出し、育成を通じて本格鮨は更なる高みへ

実は鮨清水の裏側(キッチン側)は広々としたキッチンが完備されており、そこでは定期的に鮨職人の育成コースが実施されています。職人を育成していく中で常にお店側も新しい技術や情報を掴んで行く必要があり、現状に満足せず、季節毎、その時々の旬な食材や、旬な技術をお任せコースに取り込み、定期的にお任せコースの内容を見直し、お店のリピーターにも飽きさせない・そしてリピートし続けてもらう最善の努力がされ続けています。

 

*コロナ下でもホーチミン店出店に踏み切れる理由が、タイの「鮨 清水」で積み上げられた実績や味を感じ納得しかありませんでした。

鮨清水(バンコク店)予約フォームへ移動
*事前予約必須)予約は遅くとも数日前までに

 

3.この日のお任せ鮨をご紹介!

この日頂いた品々をご紹介させてください。私は高級鮨は中々食べる機会がないので、文才の無さは何卒ご了承ください><;;

食べた事のなかった品もあり、時々感想を書くのを放棄しています(笑

*特に鮨系は脂が乗っている!新鮮!などしか思い浮かばないのでメニュー紹介のみです(´;ω;`)ウッ…

↑醤油・ソースなどがお皿に付いてしまっても、次のお寿司の味に影響しないよう、都度丁寧に拭き取ってくれます。こういった心配り・サービスがやはり高級店は違います。

 

1.広島の真牡蠣(ひろしまのまがき)

見た目からも想像できるさっぱりとした味にクリーミーな牡蠣が堪らなく美味しかったです。

2.タラバガニと純菜(じゅんさい)とモズク、土佐酢和え(とさずあえ)

純菜がタラバと酢を良い形で味を繋いでくれていたような気がしました。

3.あん肝 煮付け

さっぱりとした2品が続いた後に、濃厚なあん肝煮付けがきます。濃厚なのに後に残らない調理が不思議でした。

4.煮アワビと肝のソースとあわびのスープ

素材を活かした調理(ソース)とはこの品にぴったりな言葉です。肝のソースが良いアクセントとなり、アワビを引き立てていました。

あわびのスープで一度口の中をリセットして鮨(ご飯系)に続いていきます。

5.ノドグロのづけやき、あん肝のソース

6.しまあじ

7.金目鯛(きんめだい)

8.秋刀魚(さんま)

9.真鯛(まだい)

10.れんこ鯛(軽く酢締め)

11.甘海老(あまえび)

12.カマス

13.クロムツ

14.めひかり

15.赤海老と雲丹粉

16.にしん

17.帆立(ほたて)

18.赤身

19.大トロ

20.穴子(あなご)

21.卵焼き、柚子餅、ほうじ茶チーズケーキ

22.梅シャーベット

鮨清水(バンコク店)予約フォームへ移動
*事前予約必須)予約は遅くとも数日前までに

 

4.Sushi Shimizuの店舗情報・アクセス

【GoogleMap上の名前】 Sushi Shimizu

【住所】B202, 2nd Fl., K Village, 93, 95 Sukhumvit Soi 26, Klongtan, Khlong Toei, Bangkok 10110

【電話】 02-661-3429(*完全予約制)097-1410-140

鮨清水(バンコク店)予約フォームへ移動
*事前予約必須)予約は遅くとも数日前までに

プロンポンの南側、Sukhumvit 26を南下していった先にある商業施設K Villageの中に鮨 清水は店舗を構えています。

駅からは離れているので、プロンポン駅からのアクセスの場合、Exit4で降りて、Sukhumvit 26の入口あたりからタクシーでK Villageまで向かうのが便利です。

 

 

5.気になるメニューはインスタでチェック!

私は今回インスタグラムがきっかけ➾いつもとても綺麗な写真が投稿されいたので、ずっと気になっていました。

入籍のお祝いで今回、鮨清水のお任せコースを頂く流れとなりました。

 

https://www.instagram.com/sushishimizubkk/?hl=ja

是非皆さんも鮨清水の情報はインスタで最新情報をゲットして至高のお任せコースを食べてみてはいかがでしょうか?

 

6.ご予約はコチラから

ご予約(*事前予約必須)はコチラのフォームよりお願い致します。

 

 

< バンコクの飲食店 >の関連記事

カフェ アソーク/プロンポン

焼肉 アソーク・プロンポン/トンロー・エカマイ①/トンロー・エカマイ②/シーロム・サラデーン/焼肉屋で使えるタイ語

その他 お好み焼き/うどん/そば/イタリアン

< タイで今注目の食 >関連記事

バンコク進出した居酒屋「てっぺん」怒涛の出店で5年強で9店舗まで拡大。タイで大人気になった秘密に迫る!!

 

LAB thaiko先生のブログ

LABthaiko先生のブログは2018年に産まれて日々多くの記事を作成しています。タイの様々なお役立ち情報を時にはタイ語を交えながらの記事にしたり、ニュースサイトとして、情報媒体としての役割を果たせるよう、もっと皆さんにタイについて知って頂けるようこれからも情報を発信していきます。