タイ語習得!世界一難しい言葉を使う日本人が苦戦する理由

 

「母国語の他に、他の国の言語を使って会話できたら…」なんて思ったことはありませんか?

外国語を使って会話ができるようになると、色々な人との会話を楽しめて、世界が広がります。

 

さらに、仕事を探しやすくなったり、海外旅行に行きやすくなったり、多くのメリットが期待できます。

今回は勉強するのが難しいと言われている「タイ語」についてご紹介します。

 

 

<目次> 
1. タイ語より日本語の方が難しい?
2. タイ語が難しいといわれる3つの理由

2-1理由1:声調によって言葉の意味が変わる
2-2理由2:慣れない文字
2-3理由3:母音・子音数が多い

3. タイ語を独学するメリット3

3-1メリット1:お金が節約できる
3-2メリット2:好きな時間・場所で勉強できる
3‐3メリット3:自分のやり方で勉強できる

4.タイ語を独学するデメリット3

4-1デメリット1:モチベーション維持が難しい
4-2デメリット2:時間がかかる
4-3デメリット3:合っているか分からない

5.最後に

 

 

タイ語より日本語の方が難しい?

日本は「語彙数」という観点で見ると、世界で一番難しい言語といわれています。
言語を8割~9割で理解しようとすると、日本語で必要な語彙数はなんと10000語にも及ぶからです。

世界各地で使用されている言語である中国語は5000語、英語は3000語だと言われています。

一方でタイ語を理解するのに必要な語彙数は2000語といわれています。

 

しかし、多くの日本人はタイ語を勉強するのに苦戦しています。
世界一難しいと言われている言語を操る日本人が「タイ語を勉強するのは難しい…」と感じてしまう理由は何でしょうか?

 

タイ語が難しいといわれる3つの理由

理由1:声調によって言葉の意味が変わる

「声調」という言葉を聞いたことありますか?日本語にはないものなので、なかなか聞きなれない言葉です。「声調」とは簡単に述べると「音の上がり下がり」のことを指します。タイ語にはこの「声調」は5つ存在します。

 

例えば「カーオ」には「ご飯(ข้าว)(kʰâaw)」「白い(ขาว)(kʰǎaw)」の他に複数の意味があります。同じカタカナ表記でも音の出し方によって意味が全く異なります。

 

理由2:見慣れない文字

タイ語は日本人から見ると複雑に見えます。

ローマ字や漢字などは普段目にする機会が日常でありますが、タイ語を日本で目にする機会はあまりないのではないでしょうか?

 

日常であまりタイ語に触れない分、タイ語が複雑な文字に写ってしまうのです。

理由3:母音・子音数が多い

日本語の母音数は「あいうえお」の5つに対して、タイ語は基本的な母音が9文字、短母音・長母音合わせて18文字があります。

 

子音は頭子音、二十頭子音、末子音合わせて42文字も存在します。

多くの母音や子音が存在することによって、微妙な発音の違いが難しかったり、文字を覚えるのが難しかったりします。

タイ語を独学するメリット3

メリット1:お金が節約できる

 

タイ語を独学するメリットとして考えられるのが「お金を節約できる」ということです。
語学学校に通うときに、どうしても避けられないのが金銭問題です。

 

自分でタイ語を勉強すれば、参考書などくらいの出費で抑えることができます。

メリット2:好きな時間・場所で勉強できる

タイ語を独学するときの利点として考えられるのが「時間と場所の融通が利く」ということです。

自分の好きなタイミングと好きな場所で、勉強することができるので自分のペースを保つことができます。

ちょっとした空き時間などに参考書を見てみたり、タイの映画やドラマを見てみたりなど、リラックスして勉強に励むことができます。

メリット3:自分のやり方で勉強できる

自分に合ったやり方で、勉強を進めることができるのもメリットの1つとして考えられます。

苦手なところに時間をかけるなど、自分のペースで勉強を進めることができます。
自分に合わないやり方で勉強を続けるのは、効率的なやり方とは言えません。

タイ語を独学するデメリット3

デメリット1:モチベーション維持が難しい

タイ語を独学するデメリットとして考えられるのが「モチベーションを維持するのが難しい」ということです。

どうしても1人で勉強をしていると、途中でだらけてしまったり、ペースが遅くなってしまったりしてしまいます。
難しいタイ語を独学するためには「絶対にあきらめない」という強い気持ちが大切になります。

デメリット2:時間がかかる

「時間がかかる」ということはデメリットの一つとして考えられるでしょう。
1人でタイ語を勉強するとなると、分からない部分が出てくるなど、タイ語を習得するまでに時間がかかります。

 

タイのネイティブの人に勉強を助けてもらえば、分からないところを聞くことができたり、間違っているところを指摘したりしてもらえます。

デメリット3:解釈や方法が合っているか分からない

自分で勉強を進めていかないといけないので、今の勉強の方法が合っているか、自分の解釈があっているか分かりづらくなります。

 

第三者の観点が必要なときに、独学だと自分で補わないといけないので大変になります。
自分を客観的に見る力が必要になります。

タイで、駐在妻も語学学校に通う場合の3つのデメリット
こちらの記事では、語学学校に通うデメリットをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

最後に

「タイ語は難しい」「タイ語を勉強するのは大変」というイメージを持っている人はたくさんいるでしょう。

しかし、タイ語を習得することで、タイ人とのコミュニケーションができたり、タイカルチャーをより身近に感じることができます。ぜひ難しいと言われているタイ語に挑戦してみてください!

-この記事に関係するタイ語集-
タイ語  ภาษาไทย(paasaathai) パーサータイ
子音   พยัณชนะ (payan kana) パヤンカナ
母音  สระ (sara) サラ
声調  วรรณยุกต์ (wan nayuk) ワンナユック
独学  การศึกษาด้วยตนเอง  (kan suk dway ton een) カーンスックドゥアイトンエーン

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。