バンコクからホアヒン観光へ!車で行く2泊3日のモデルコース!

こんにちはLABタイ語学校です!!

今回は、バンコクからホアヒンまで車で寄り道しながら旅行する際のおすすめスポットをご紹介します!

 

バンコクからホアヒン観光へ!車で行く2泊3日の旅程をご紹介!

ホアヒンはバンコクから車で約3時間の場所にあります!!

鉄道やバスでも行くことももちろん可能ですが、途中にはCha-am(チャアム)を始めとするローカルな観光地があります。

そちらに寄りつつ観光するのも、また変わった楽しさがありますので、今回は寄り道するおすすめのスポットも含めてご紹介します!

 

なお、バンコクでレンタカーを借りる際のおすすめのサービス、レンタカーに乗る際の注意点はこちらのページを参照ください!

 

 

今回のドライブルートはこちら。

往路>

行きはホアヒンまでなるべく早く着き、道中にある動物園やビーチに寄りつつ、ホアヒン周辺の有名な観光地をまず観光します。

 

復路

 

帰りは海沿いを走行しながら、主に穴場スポットや隠れた名物レストランを探しましょう!

バンコク以外のあまり知られていない地域にも楽しめるスポットがいくつもあることに気がつけるかもしれません!

 

〈旅程一覧〉

1日目 バンコク➔チャアム➔ホアヒンへ

Cha-am Fishing Inn で釣り ➔ Camel republicで動物にエサやり体験 ➔ チャアムビーチ ➔ シーフードレストランで夕食

2日目 ホアヒン観光

カオタキアップ寺院でホアヒンを一望 ➔ ウォーターパーク ➔ ホアヒンビーチ・乗馬体験 ➔ ナイトマーケットで夕食・買い物

3日目 ホアヒンから寄り道しながらバンコクへ

ベネチア ➔ モアイカフェ ➔ ビーチ ➔ Laem Phak Bia 環境開発研究センターでマングローブ植林 ➔ ワット Nok Pak ta le ➔ マングローブ林を見ながらディナー

 

1日目 バンコク➔チャアム➔ホアヒンへ

バンコクでお昼ごはんを食べて午後から出発します!

 

まずはCha-am(チャアム郡)に車で移動

バンコク市内から車で約2時間30分。

ホアヒンとバンコクの途中にあるチャアム郡の観光地に行きます。

 

Cha-am Fishing Inn Resort (チャアム・フィッシング・イン・リゾート)

チャアム・フィッシング・インでは付近の湖で巨大な魚を釣り上げることができます。

ガイドが釣り方しっかり教えてくれますので釣り初心者の方にも安心です!!

 

 

Malai farm(マライファーム)

チャアム・フィッシング・インから車で約5分。

動物と触れ合える施設が並んでいるエリアにあります。

 

 

マライファームはヤギ、ウシ、アヒル、ダチョウ、ワラビーなどの穏やかな動物にエサをあげることができる施設です。

特に子供連れの方が多い印象です。

 

 

Camel republic(キャメル・リパブリック)

マライファームに隣接している動物触れ合い型施設の一つ。

もう一つ、スイスシープファームという施設もあります。

 

 

一言で言えば、アラビアンな動物園!

飼育されている動物だけでなく、もう建物がアラビア風になってます!!

 

 

ラクダやアルパカ、ポニーなどの動物は上に乗って歩いてみたりエサをあげることが出来ます!

 

 

他にもフラミンゴなどの鳥類にエサをあげることもできます。

 

cha-am beach(チャアムビーチ)

キャメル・リパブリックから車で約7分で到着します。

 

 

チャアムビーチはホアヒンビーチに比べて人が少なく、ゆったりとした雰囲気の美しいビーチです。

外国人は少なく、タイ人の多いローカルなビーチという印象。

2人/4人乗りの自転車をレンタルしてビーチロードを走ることが出来ます。

複数人で漕ぐためにかなり珍しい形をしています。夕暮れ時のサイクリングは特におすすめです!

 

夕食は海辺で採れた美味しい魚介類

 

夕食は海辺のローカルレストランで美味しい魚介類をいただきましょう!!

 

 

水揚げされたばかりの魚介類を選んで食べられるのは海沿いのレストランの醍醐味。

カブトガニは日本では天然記念物に指定されているので食べられませんが、タイでは普通に食べることが出来ます。

ただし、味はそこまで美味しいとは言えず、エラに強力な毒を持っているため、あまり挑戦しないほうがいいかもしれません。

毒性が強くなる2月~6月は卵にも毒があることがあるため食べられないようです。

他にもカニやエビは安く食べられますのでおすすめ!

 

 

夕食後はホアヒンへ車で移動

チャアムからホアヒンまでは車で約30分。

2日目の朝からホアヒンを楽しむために、夕食を食べたらホアヒンに移動し、ホテルで就寝しましょう。

 

 

2日目 ホアヒン観光

朝起きたらホテルで朝食を食べ、早速ホアヒンの観光地へ向かいましょう!!

Khao Takiap(カオ・タキアップ寺院)

朝はホアヒンビーチから車で15分ほどのホアヒンの観光地として有名な寺院に行きましょう!

 

 

カオ・タキアップ寺院は巨大な大仏が置かれており、ひと目でわかるはずです!

ホアヒン市内やタイ湾を一望でき、ビーチからでは味わえない絶景を楽しめるのがとても魅力的です!!

野生のサルが多く生息しており、モンキー・マウンテンとも言われています。

 

Vana Nava water park hua hin(ウォーターパーク・ホアヒン)

 

ビーチで遊ぶのも良いのですが、スリル満点のアトラクションの多いウォーターパークがおすすめ!!

タイ国内には特にウォーターパークが多く、子供から大人まで楽しめます!

 

 

 

Hua Hin Beach(ホアヒン・ビーチ)

 

 

 

ウォーターパークで思う存分遊んだら、ホアヒンビーチで海を見ながらゆったり過ごしましょう!

時期にも寄りますが、静かで落ち着けるビーチです!!

白人の多いパタヤに比べて現地人が多く見られます。

 

 

ホアヒンビーチでは乗馬体験もできます。

ビーチで乗馬というのはなかなか珍しい組み合わせですね!!

 

ナイトマーケットで夕食・買い物

 

 

タイではもはやお馴染みのナイトマーケット。

ビーチの目と鼻の先にあります。

 

 

他の都市のものと大きく異なるわけではありませんが、やはり海沿いということもあり海鮮が豊富なところは特徴的です。

プーケットでもよく見られる、巨大ロブスターは本当に美味しいです!!

もちろん高級食材ということもあり、タイ料理の中では飛び抜けて高いお値段なのですが、ここに美味しさも飛び抜けていますのでおすすめです!

 

 

ナイトマーケットは日付が変わる頃になってくるとお店が閉まっていきます。

ホテルに戻って翌日に備えましょう。

 

3日目 ホアヒン観光➔寄り道しながらバンコクへ

ホテルで朝食を取り、寄り道しながらバンコクに戻ります。

Venezia

 

ホアヒンビーチから車で17分。イタリアのベネチアを模したテーマパークです。

 

 

ベネチアにあるものとそっくりのゴンドラに乗れたり、ヨーロッパの雰囲気を再現した像や町並みが楽しめます。

実際のイタリアに行かれたことのある方は比べて楽しめますし、行かれたことのない方はベネチアの雰囲気を味わえます!!

 

 

しかし、細かいところを見てみると、いろいろお粗末な”タイらしさ”が見え隠れしてきます。

ちょっと物足りなく感じることもあるかもしれませんが、ぜひ友人とツッコミを入れながら楽しんでみてください!!

 

Moai Cafe

 

 

ベネチアから車で約30分。

Puk Tienビーチ、Chaosamranビーチなどで休憩しつつ、車を走らせるとモアイカフェという異色の観光スポットがあります。

 

 

 

まるで遺跡のような外観のカフェ!!

珍スポット溢れるタイの中でも異色の観光スポットです。

 

 

店内に入っても、窟のような天井からはどことなく異質な雰囲気を醸し出しています。

「洞窟や遺跡っぽいのに、お洒落なカフェ」という空間です!!

 

 

外にはストーンヘンジのようなものまであります。

ホアヒンに行くなら絶対に一度は寄りたい珍スポットであることは間違い有りませんね!!

 

海沿いの道を通りながら寄り道

海沿いの道を走るのはドライブ旅行の醍醐味。帰り道もビーチに寄りましょう!

 

PukTienBeach(パクティエン・ビーチ)

カフェやシーフードレストランが並んでいますのでランチを食べつつ、ゆっくりと過ごしましょう。

 

Chaosamran Beach(チャオサムラン・ビーチ)

 

有名な観光地ではありませんが、周辺住民がゆったり過ごしているビーチです。

 

Laem Phak Bia 環境開発研究センター

チャオサムランビーチから車で約10分。

 

こちらの施設では、ラーマ9世の意向で主に持続可能な開発のための排水施設や廃棄物の処理を研究しています。

その一環として、ングローブ林の研究を行っており、敷地内の潤沢なマングローブ林を見ながら、その生態について学ぶことが出来ます。

 

 

広大なマングローブ林の中を散歩して生き物を探したり、マングローブの植林体験が特に人気のアクティビティです。

 

 

水生生物が豊富に生息しており、魚や蟹だけでなくミズオオトカゲも見られました。

タイだけでなく、インドネシアやインドバンコクに生息しており、都内の公園でも度々見かけられる生き物ですね!!

のっそのっそと歩いている姿は可愛らしいです。

 

Wat Nok Pak ta le

 

KoiMahacha Seafoodから車で約15分。

 

お寺自体は見どころがあるわけではありませんが、このお寺の名物はなんといっても、この船です!

寺院の土地の中に巨大な船が展示されています。

 

 

中に入ることはできませんが、装飾が凝っており、写真映えするスポットです。

船の上に乗ることもできますのでちょっとした航海をしている気分になれます。

 

海に近いこの地域の周囲には、塩田が広がっており、塩の原産地となっています。

 

KoiMahachaiSeafood(コイ・マハチャイ・シーフード)

Wat Nok Pak Ta le から車で約1時間弱。

バンコクに帰る前に最後に海とシーフードを味わいましょう。

 

   

 

 

最後のディナーも海辺のレストランへ!

この付近にはマングローブ林が生い茂っており、海とマングローブ林を見ながらディナーを食べることが出来ます。

運が良ければ、ムツゴロウやカラフルなカニをマングローブ林で見ることができます。

美しい風景とともに長旅の思い出を振り返ってみましょう。

 

 

 

バンコクに帰宅

夕食を食べ終わったらバンコクに帰還しましょう。

時刻によりますが、約1時間30分~2時間で到着します。

 

最後に

タイの国土はとても広く、バンコク以外にも魅力的なローカルスポットはたくさんあります。

ぜひ車でお出かけして、今まで訪れたことのない場所に立ち寄ってみてください!

 

*こちらのページに記載の情報は2020年1月現在のものです。変更される可能性があります。

 

 

 

「タイについてもっと知りたい」、「タイでキャリアアップがしたい」そんな思いはありませんか?

LABタイ語学校では、日本語堪能な先生が皆様のタイ語学習をサポートしております。

タイ語を覚えてもっとタイを楽しみましょう!初回体験レッスンは無料で実施しております。お気軽にご連絡ください。

【LINE@からお問い合わせ】

เพิ่มเพื่อน

*LINE@は仕様上、何かメッセージを頂かないとこちらからフリーテキストを送信できないようになっております。

 

 

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。