タイ・セブンイレブンの和風デザートが大人気。日本人が選ぶ、おすすめベスト5

 

サワディーカー!LABタイ語学校です。

日本にいた時と同じように、タイでも用事がなくとも、セブンイレブンに寄ることが習慣となってきた今日この頃。それは、和風デザートがセブンイレブンに登場したからです。これが結構な人気で、売り切れ続出。狙っていた話題のデザートを手に入れるのに、随分時間がかかったものもありました。

タイ・クラビ在住のchinagaの寄稿

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、日本で当たり前にあったコンビニデザートがここタイにはなく、似たようなものがあっても、甘すぎたり、なんか違ったりしたので、この和風デザートの登場は、日本人にとってはめちゃめちゃうれしいのです。日本が懐かしくなるセブンイレブンの和風デザート。アタシの独断と偏見でベスト5を選んでみました。

< コロナで変わる >の関連記事

コロナウイルスのPCR検査キットがDYMクリニックより郵送可能に!病院に行かなくても検査ができるから安心安全!日本帰国時の証明書発行も可能に(2021年2月時点)

 

1.タイ・セブンイレブンの和風デザート ベスト5 「ストロベリークリームチーズもち」

このシリーズは、バニラクリームタイプの「もちシュークリーム」もあるのですが、断然「ストロベリークリームチーズもち」のほうがおすすめ。周りにあるもち部分が、ほんとうにもっちりしていて、そう、日本でいうところのまるで大福のように柔らかくておいしいので、いちご大福を思い出して懐かしくなりました。生クリームもたっぷり入っていて、中に入っているストロベリージャムのゴマ(!?)部分に歯ごたえがあり、味のアクセントになっています。

残念なのが、セブンイレブンの棚にあるPOP。縦書きで、日本語で「ストロベリークリームチーズもち」が紹介されているのですが、音引き(ー)が、全部、ヘン。これは、これからご紹介する音引きのあるデザートすべて、同じ表現になっています。店頭に飾られているポスターの「和風デザート」はきちんとしているのに。大げさかもしれませんが、これは、日本人として、日本語を扱う人間として、惜しいと言わざるを得ません。相談してくれれば、日本人として責任を持ってご教示したのに。(笑)

「もちシュークリーム」20バーツ 「ストロベリークリームチーズもち」25バーツ

 

 

2.タイ・セブンイレブンの和風デザート ベスト4 「バスクチーズケーキ」

個人的好みの話につき、何のおトクな情報もない見解で申し訳ないのですが、アタシは日本のレアチーズケーキが苦手です。けれどもベイクドチーズケーキ(特に不二家のベイクドチーズケーキはサイコー)は大好きという嗜好を持っております。この「バスクチーズケーキ」を買う時、そんな個人的好みがあるため迷ったのですが、思い切ってトライ。なぜなら「バスクチーズケーキ」というネーミングとコレを日本のデザートに入れていることに興味を覚えたからです。

で、「バスクチーズケーキ」とはなんぞや、ということを調べてみると、外側を黒く焦がした濃厚な風味のあるチーズケーキのことで、スペインのあるレストランが考案したレシピが元になっており、日本には近年普及し出したのだとか。ちなみに、バスク地方には「バスクチーズケーキ」は存在していないそうです。これをなぜ「和風デザート」の仲間に入れたのかは謎ですが、パッケージには日本の国旗が掲げられていました。

さてさてお味のほうはといえば、日本のレアチージケーキのクリームチーズ感もなく、ベイクドチーズケーキのなめらかさもなく、これはまさしく別物の「バスクチーズケーキ」の味だといえます、初めて食べたけれど。言うなれば、チーズ風味のパウンドケーキといった感じで、結論からいえば、買って正解でした。もちろん、日本のおいしいケーキ屋さんのしっとり柔らかいパウンドケーキ、というほどではありませんでしたが、 あくまでもコンビニスイーツ、と考えれば優秀だと思います。

「バスクチーズケーキ」35バーツ

 

 

3.タイ・セブンイレブンの和風デザート ベスト3 「生クリームカスタードどらやき」

どらやき、という言葉にまず惹かれて試してみました。外資系スーパーのロータスかマクロで、どらやきのようなものを見たような気もするのですが、パックで5~6個入っていたので、失敗した時のことを考え、買うことをためらっていました。コンビニのいいところは、ひとつずつ個装になっていることですよね。割高ではありますが、失敗したら、次に買わなければいいだけの話ですから。

お味のほうはといえば、日本のどらやきとは明らかに異なるものですが、これはこれでおいしくいただけました。どっちかといえば、パンケーキに近いのかな。クリームも生クリームとカスタードクリームタイプの二層になっており、洋風どらやき、といった感じ。どらやきといえばあんこ、なのですが、それは入っていませんでした。タイではあんこは作ったり、売ったりしていないのかしら。ロータスであんこ入りの大福が売っていたので、あんこを味わいたいときは、大福にしよう!と思いました。

「生クリームカスタードどらやき」29バーツ

 

 

4.タイ・セブンイレブンの和風デザート ベスト2 「ミニシュークリーム ワニラ」

ワニラは、バニラの間違いですね。けれども、誤植のまま印刷され、そのまま売られているところが、さすがタイというか、なんというか。けれども「ワニラ」というネーミングもなんだか可愛い感じですよね。タイで暮らし始めて、タイには、シュークリームとプリンが存在しないことに気付きました。日本では、スーパーやコンビニから、専門店や高級ケーキ屋さんまで、たくさんの種類のおいしいシュークリームやプリンがありましたが、これらは、ここタイにはありません。

バンコクやチェンマイなど都会ではあるのかもしれませんが、かなり高級なものになってしまうのではないでしょうか。アタシはスーパーなどで売っている手軽で安いシュークリームやプリンが好きだったので、シュークリームがセブンイレブンに売られているのを知ったとき、小躍りしてしまいました。

ミニシュークリームの名の通り、直径3cmほどのちいさなシュークリームが5個。パクパクと一気に5個食べてしまうことができるほどの大きさで、ちょっともの足りなさも。ですが食べたかった、手軽に手に入るシュークリームを味わうことができて大満足でした。クリームはカスタードクリームタイプ。

ほどよい甘さのひと口サイズだったので、セブンイレブンの「アイスカプチーノ」の甘さ控えめとの相性も抜群。そう、ご存知の方も多いでしょうが、セブンイレブンのコーヒーはとても優秀で、ホットもアイスもよく飲みます。ひきたてで香りもよく、甘さを調節できたり、30バーツ前後とグッドプライスなところも魅力です。

「ミニシュークリーム ワニラ」20バーツ

 

 

5.タイ・セブンイレブンの和風デザート ベスト1 「生クリームのプリンケーキ」

日本人の友人がこれはおいしい!と言っていたので、しょっちゅうセブンイレブンを覗いて探していたのですが、売り切れ続出でなかなか見つけることができませんでした。が、見つけたとたん、即買い。出かける予定があったのですが思わず買ってしまい、そのまま半日ほど大事に持ち歩き、冷蔵庫で再度キンと冷やしてからいただきました。サイコーでしたので、アタシのベスト1に!

上にパンケーキのようなものが乗っており、最初は一緒に食べていたのですが、そのうち、プリンだけの味を楽しみたい衝動にかられ、上のケーキ部分をよけて、プリンだけを食してみました。まさに夢にまで見たプリンを堪能できました。

プッチンプリンのようなプルルン感はないのですが、スーパーなどに置いている、ひいきめに言えば大好きなモロゾフのプリンに近い、生クリームや牛乳がふんだんに使われているタイプのプリンでした。ただ、カラメルがついてなかったのが惜しい。銀杏の入っていない茶碗蒸し、お餅の入っていない雑煮、ワンタンの入っていないワンタン麺のようなもの。と、スイーツには全然関係ない、今、食べたい日本食で例えてみました。

「生クリームのプリンケーキ」39バーツ

 

 

6.進化するタイ・セブンイレブン。日本をフィーチャーした商品開発は、日本人としてもうれしい

タイで暮らしはじめて、タイ人はもちろん、在住する世界各国のヒトと話をしていて日本を好きな人が多く、うれしくなってきます。その一番に挙げられるのが、日本食です。サーモンとマグロだけしか食べない人も多いですが、それでも、お寿司が好きという世界の人と会うと、日本人として誇りすら感じます。

そして、今回ご紹介した和風デザート。セブンイレブンの棚で売り切れ続出している状況を見ると「買えなくて、残念」というよりも「和風デザートを気に入ってくれてありがとう」という気持ちになります。これはアタシだけではなく、多くのタイ在住日本人が感じるのではことではないでしょうか。

 

タイ・クラビ在住のchinagaの寄稿でした。

 

コンビニ

ラーン サッドゥワックスー

ร้านสะดวกซื้อ

 

日本では「セブンイレブン」や「ファミリーマート」などのことをまとめて「コンビニ」といいますが、タイ語では「コンビニ=セブン」と呼ぶことが多いのでこちらの言葉はあまり使われません。

ちなみに直訳すると「便利なものを買える店」となります

ラーン=店

サッドゥワック=便利

スー=買う

”コンビニで使える”のタイ語音声と記事コチラ

.

LAB thaiko先生のブログ

LABthaiko先生のブログは2018年に産まれて日々多くの記事を作成しています。タイの様々なお役立ち情報を時にはタイ語を交えながらの記事にしたり、ニュースサイトとして、情報媒体としての役割を果たせるよう、もっと皆さんにタイについて知って頂けるようこれからも情報を発信していきます。