チェンマイ最高の穴場スポット!ラチャプルック御苑

「チェンマイの観光スポットはほとんど行ってしまった!!」

そんな方はとにかく美しい庭園、ラチャプルック御苑に行ってみましょう!!

 

 

タイの観光スポットでもとびきり美しい場所で、デートから家族旅行、一人旅にもおすすめです。

 

 

タイの他の観光情報はこちらからどうぞ!!

・女性のための鉄道市場楽しみ方4選!@タラートロットファイラッチャダー

・バンコクのパワースポット[エラワンの祠]

・ワット・パクナム寺院#バンコクおすすめスポット紹介シリーズ

・バックパッカーの聖地「カオサン通り」の歴史と行き方!

 

 


◎ラチャプルック御苑のイチオシポイント

✔ ナイトサファリとの組み合わせがバッチリ

✔ 写真映えする美しい建造物と景色

✔ 各国を模した様々な庭園

 

 

 

 

1. ラチャプルック御苑とは?

元々はラマ9世の式典の開催地

元々、ラーチャプルク御苑はラマ9世の即位60年記念式典のために建設され、即位80年記念式典も開催されました。

 

タイでは本当に国王への信仰が厚く、例えば映画の上映直前には急に全員が必ず立ち上がります。

そして、国王を称賛する映像が流れます。

町中でも国王の肖像はあらゆる場所で目にしますよね。

 

そんな国王の、即位記念式典という一大イベントのために建設されました。

とんでもない場所であること間違いなし!!

 

ラーチャプルク?ラジャプルーク?ラチャプルック?

正式名称は”royal park rajapruek”です。

ちなみにこの観光スポット、面白いくらいに日本語の名前が安定していません。(笑)

Google mapでは「ラーチャプルク御苑」、

公式サイトでGoogle翻訳すると「ラジャプルーク御苑」、

どうも多くの方は「ラチャプルック御苑」と読んでいますので一般的にはこちらが正解のようです。

 

タイ語の読み方はカタカナで再現できないこともあるということがよくわかりますね。

タイ語は人名も複雑で長く、これには理由があります。

また、バンコクの正式名称が世界の都市で最も長いということも有名ですね!!

 

2. 入場料金と場所は?

入場料金

入場料は大人200バーツ、子供150バーツです。

庭園としてはなかなか高めの入場料ですが、国営公園なだけあってかなり綺麗な場所です。

お値段以上の価値はありますよ!!

 

場所

場所はチェンマイ市街地から約10kmほどにあります!

ほとんどの場合、タクシーで30分前後で到着します!!

渋滞が酷いと1時間近くかかりますが、周辺はあまり発展していないので休日でも渋滞が酷くなることは少なさそうです。

 

ナイトサファリが徒歩10分以内にありますのでセットで寄ってみましょう!!

ラーチャプルク御苑の営業時間は8:00-18:00です。

園内を歩き回ると、1~2時間かかります。

夕焼け前の16時頃から来ると、ちょうどナイトサファリの時間になっていますよ!

 

3. ラチャプルック御苑の見どころは?

写真映えする美しい建造物と景色

 

 

 

 

ラマ国王の式典が行われた、最も奥にある祭殿はとても美しいです。

祭殿までの道は複数のモニュメントが重なり、威厳を感じさせます。

 

祭殿までの庭園は噴水やモニュメントで彩られています。

歩きながら風景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

各国をテーマにした庭園

祭殿を抜けると、各国をテーマにしたスペースがあります。

なんと2019年10月現在で、庭園は22カ国分です!!!

 

22カ国もありますので、特徴的なものを一部ご紹介します。

20160127-56a843cd14afa.jpg

こちらは日本の庭園です。

いかにも日本らしい建物が庭園がセットになっています。

 

次にブータン。

20160127-56a8415caffe7.jpg

赤い花で一面が彩られていてとても美しいですね!!

 

そして、モロッコ

20160127-56a847e94ff40.jpg

あまりアジアでは見かけないデザインの建物です。

全く印象の違う場所を回れますので、飽きないですね!

 

回り終わった後はナイトサファリへ!

ナイトサファリは徒歩約5-10分でいけちゃいます!!

チェンマイのナイトサファリは世界最大級のナイトサファリです。

ホワイトタイガーの赤ちゃんを抱っこして記念撮影したり、夜行性の肉食動物のショーが見れます!

世界でも珍しい体験ができる場所なのでぜひ足を運んでみてください!

 

ラーチャプルク御苑の様子はこちらで紹介されていますので

4. 最後に

いかがでしたか?

 

チェンマイは短い時間で回れる観光地が多く、観光場所に困ってしまう方も少なくありません。

そんなときはぜひラチャプルック御苑に寄ってみましょう!

 

合わせて読みたい関連記事

 

タイの寺院に行く際のマナーまとめ

 

タイの首都バンコクの正式名称が長いワケ[正式国名やタイ人の歴史もアリ]

 

タイ人に習う【#インスタ映え】フォトジェニックなスポット5選

 

 

 

LABタイ語学校の最新情報をお届けします

タイ語学習~動画配信~

※私達は皆さまのタイ語学習のキッカケ作りや、タイ語学習の手助けとなればと願い、タイ語講座の配信をしております。